讃岐屋うどんでは、日本一のうどんだけをお客様に提供しています。うどん作りの技術にもこだわっています。その歴史は、世界中のお客様に最高のうどんを提供するために欠かせないものです 

うどんはどこから来たの?

日本で食べられる麺料理はたくさんあります。その中でも特に人気なのが「うどん」です。うどんはその大きさと形からすぐに見分けがつきます。 

 

うどんは中国から伝わったと言われています。香川から派遣されたスパイが、うどんを作る技術を中国からコピーしたという説もあります。それが本当かどうかはともかく、誰が本当にうどんを作り始めたのかは疑問が残ります。

 

うどんが日本に一世を風靡したのは1980年代頃。香川県の料理人たちが、より多くの観光客を呼び込もうと、うどんの技術で勝負しようと考えたのだ。香川県高松市の地元の人たちは、マグロと海藻を使った「さぬきうどん」という名物うどんを作っていました。

 

日本のうどんを作る技術

うどんが有名になった理由は、その技術にあります。その技術は古くからの工芸品とされています。一つ一つの工程が重要なのです。

 

うどんは、小麦粉と塩水を混ぜ合わせて作られます。次に、生地を叩いて柔らかくなるまで練ります。この練り方や伸ばし方は、日本中の多くの料理人が研究しています。尊敬されている技術であり、習得するのは簡単ではありません。

 

伸ばし練りが終わったら、生地を短冊状にカットしていきます。うどんの大きな特徴は、その大きさと形です。

 

うどんの麺は、通常のそばよりも太いです。地域によって硬さや太さが異なります。広大な打ち方があるからこそ、日本ならではの文化が味わえるのだ。

うどんの食べ方

うどんにも様々なスタイルがありますが、その中でも食べ方が違うことを知っておきましょう。うどんには、つゆをかけて食べるものと、スープに浸して食べるものがあります。 

1. つけうどん

うどんにつゆがついている場合は、お箸でうどんを数本取り、つゆに軽くつけて食べます。うどんが出てきたらすぐに食べるのがベストです。

 

つけ汁に麺が落ちないように注意するのが一般的です。うどんの味がつゆに洗い流されてしまうことがあります。 

 

2. スープベースのうどん

うどんがスープに浸かった状態で提供された場合は、お箸を持って麺を口に運びます。一口食べるごとにスラスラとすすってください。スラーリングすることで、うどんが美味しくなると言われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *